SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh バッテリー/充電器
SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh バッテリー/充電器
307956450-11761-9sH
5,850円 9,000円
Amazon.co.jp: SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh 家庭用蓄電池 , Amazon.co.jp: FLOUREON ポータブル電源 純正弦波 220WH , 年末のプロモーション SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh 家庭用 , ポータブル電源 60000mAh 250Wh 純正弦波 蓄電池 - 防災グッズ 家庭 アウトドア バックアップ電源 コンパクト 収納し易い 持ち運びに便利 AC/DC/USB出力 車中泊 キャンプ ピクニック 地震 停電 非常用 ソーラー充電, ポータブル電源 家庭用発電機?蓄電池?非常用電源?ポータブル?電源 , PayPayフリマ|未使用 SinKeu ポータブル電源【HP300】220Wh/60000mAh

商品説明

ご確認いただきまして、ありがとうございます!

SinKeuのポータブルバッテリーになります。
昨年購入しましたが、別の物を手に入れましたので出品させていただきます。

元値15,800円

非常にコンパクトな作りなので、気軽に持ち運びができて便利だと思います。

自分はキャンプの時に3回利用しましたが、災害時などに一家に1台あると色々と助かるかなと思います。

本来は、車載用充電シガーソケットがセットに含まれるのですが、紛失してしまったので、その分値引かせていただいております。(アマゾンで700円前後で購入可能)

保証書はありません。

以下商品詳細についてのアマゾンの引用です↓

製品仕様:

●重量:2.3KG
●容量:約60000mAh/220Wh
●サイズ:200 x 200 x 80 mm
●電池:リチウムイオン電池
●充電時間:DC15V:8-9時間
●出力方式:純正弦波インバーター
●AC定格電力:300W
●使用温度:-10℃~40℃
●AC電源:AC110V(±10V)/60Hz

どこでも活用できる小型発電機:

●多用途:キャンプ、車中泊、旅行、夜釣り、天体写真撮影、野外撮影などの電源として大活躍です。スマホ、タブレット、カメラ、望遠鏡、電灯ドローン、ノートパソコンへなどを充電するために利用出来る超大容量バッテリーです。緊急、防災グッツにも最適です。

●2AC出力、4USBポート出力、1DC出力で、携帯電話、パソコン、テレビ、プリンター、ファン、カーポンプ、トースター、コーヒーメーカー、インフレータブルポンプ、さらにはミニ冷蔵庫に充電可能です。

以上です。
なお、本商品については綺麗ですが、中古品となります為、ノークレームノーリターンでお願い致します。

Amazon.co.jp: SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh 家庭用蓄電池
Amazon.co.jp: FLOUREON ポータブル電源 純正弦波 220WH
年末のプロモーション SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh 家庭用
ポータブル電源 60000mAh 250Wh 純正弦波 蓄電池 - 防災グッズ 家庭 アウトドア バックアップ電源 コンパクト 収納し易い  持ち運びに便利 AC/DC/USB出力 車中泊 キャンプ ピクニック 地震 停電 非常用 ソーラー充電
ポータブル電源 家庭用発電機?蓄電池?非常用電源?ポータブル?電源
PayPayフリマ|未使用 SinKeu ポータブル電源【HP300】220Wh/60000mAh

SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh バッテリー/充電器

JUST 3連モバイルバッテリー PowerStation RED 充電ドッグ付

正規品!ルーヴルドーレヴィ クッションブラシ

【Rana様専用】19セルテート LT 4000-CXH ダイワ DAIWA

ニューバランス メンズ スウェット上下 スウェットフーディー

SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh バッテリー/充電器

(発行) P.9

登録日: 2015-01-03

アンサンブル
▼STAP細胞論文の共著者の丹羽仁史氏は会見で研究不正防止策を問われ、苦渋の表情でこう述べている。「科学は性善説で成り立っている。私はこの研究に最後に加わったので、(筆頭著者の)小保方さんのデータを信じたが、それが問題だったかもしれない。しかし今後、共同研究者のデータを信じずに一から自分で出すことが良いことなのか、判断できない」
▼研究不正問題を受け、『背信の科学者たち』(講談社)という書籍が注目を集めている。同書は、ニュートンやメンデル、野口英世など歴史に名を残す科学者の不正から、1981年までに米国を中心に頻発した研究不正を分析。不正は科学の全歴史を通じてみられた現象であることを明らかにしている。
▼驚くのは、不正の発見は科学の自己規制機構「ピアレビュー」「審査制度」「追試」では難しいことを多数の実例で示していることだ。そして、立身出世主義を助長し報酬を与える組織の体質が欺瞞の誘因であるとし、「欺瞞は科学の中に存在することを認めることによってのみ、科学とそれに仕える者たちの本質が理解できる」と断じた。不正防止策については、発表内容と生データが一致するかどうかの確認が重要として、共同研究者はデータの真偽が不明な場合は論文に名前を記載すべきではないと指摘する。
▼科学の目的は一義的には真理の探求だ。しかし現代社会では国家が科学の産業化を推進し、研究成果が科学者の出世と報酬に直結している。科学者は不正の誘惑に常にさらされているといえる。実際に不正が行われれば、費やした研究費と時間を無駄にするのみならず、医学研究の場合では生命に影響が及び、社会的損失は大きい。
一番くじ鬼滅の刃弐

関連記事・論文

SinKeu ポータブル電源 220Wh/60000mAh バッテリー/充電器

純銀 31.1グラム 2021年 アメリカ イーグル銀貨 Type2 20枚

WWW.NUTRIZIONISTA.CLOUD RSS